憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

生きる意味失う【真矢ミキ】ウツ告白!友人からの復活の『一言』

ニュース

生きる意味失う【真矢ミキ】ウツ告白!友人からの復活の『一言』
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

【悩んでいた過去】

いつも明るくサバサバした印象の女優【真矢ミキ】さん。
実は「人生の生きる意味を失っていた」過去を告白しました。そんな彼女を救った一言とは?

【真矢ミキ】 さんとは?

真矢ミキ

【プロフィール】
本名  :西島 美季(にしじま みき)
生年月日:1964年1月31日
出身  :広島県
血液型 :O型
身長  :166cm
職業  :女優
所属  :オスカープロモーション


幼いころは、父の転勤により、中学卒業までになんと8回も転居されています。
中学時代から、「宝塚コドモアテネ」に通い、日舞を習い始めます。

1979年、母親が宝塚のファンだったこと、そして真矢ミキさん自身が「大地真央」さんに憧れていたことから、中学卒業後、「宝塚音楽学校」を受験し、入学します。
ちなみに、バレエや歌を習った経験がないため、入学後のはじめての試験では39人中37番だったと告白されていました。

1981年、67期生として「宝塚歌劇団」に入団。この時の成績は21番。
同期には、黒木瞳さん、涼風真世さん、毬藻えりさんなどがいます。

初舞台から注目を集めていましたが、1995年当時はまだ2番手。それでも安寿ミラさんとの男役同士のコンビが話題となり、同年、安寿ミラさんの退団により、『花組トップスター』に就任。
相手役は、純名里沙さんでした。

真矢ミキ

長髪のヘアスタイルやナチュラルな舞台メイク、独特の着こなしや、退団直前につんく♂プロデュースによる日本武道館でのソロコンサートの開催、篠山紀信撮影による写真集の出版など、宝塚に新しい風を積極的に吹きこみヅカの革命児とまで言われた。

出典 http://ja.wikipedia.org

1998年10月5日、宝塚歌劇団を退団。

【芸能界へ】

宝塚退団後に芸能界へ。当時話題となり注目を集めましたが、よい仕事に恵まれず、38歳の時には事務所より「戦力外通告」を受けてしまいます。

2003年、『踊る大捜査線』のオーディションを受け、役を勝ち取り、芸能界復帰を果たします。
その後の活躍は、みなさんご存知の通り、その美貌と抜群の存在感から好感度が高く、女優としてまた現在は朝の情報番組の司会者として充実した日々を送られています。

2015年3月、事務所の移籍にともない、芸名を「真矢みき」から「真矢ミキ」に改名。

【結婚】 

真矢ミキ

2008年12月22日、バレエダンサーの『西島数博(2014年に西島千博から改名)』と結婚。
2人の仲の良さは有名で、2016年9月には、結婚8年目にしてはじめて舞台共演を果たしています。

【過去の失意】 

いつも明るく元気でパワフルなイメージの真矢ミキさん。マネージャーでさえも「メンタルの回復力がハンパない」と語っているほどですが、、、
実は、マイナス感情からなかなか抜け出せない状態が続き、心を患ってしまった過去があることを告白しました。

はじめは、宝塚歌劇団で活躍されていた30歳過ぎたばかりの頃。

悩みが深すぎて食べるという行為が困難になりました。ごはん粒を一口のみ込むことが難しくて、「液体や錠剤で栄養がとれて、体重が維持できる物を誰か発明してくれないか」と本気で思っていました。日に日に減っていく体重が怖くて、顔を洗うたびに手のひらの中で小さくなっていく自分の顔が怖くてたまらなかった。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

と語っています。

そして、次は、宝塚歌劇団を退団した後、何をしていいのか分からず、過食に走ってしまったそうです。
20年もの間、宝塚歌劇団で突っ走ってきたため、

自分の世界が崩壊して、どんなふうに立っていれば倒れないのか、見当もつかない。
 宝塚時代の私は、ものすごく愛されていたけど、でもそれは生身の私自身をじゃなくて、舞台上で男役を演じている私の一部分だけを愛してくれていたんじゃないか。
私が宝塚という化粧や衣装を取り去った途端、誰もがそっぽを向いてしまったような気がして、どうしようもなかったんですよね。そしたら…うつになっていたんですねぇ…。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

そんなとき、友人に「なんで生きているのかわかんなくなっちゃった」と思わず言っていたそうです。
すると友人は

「じゃ、とりあえず私はあなたが必要だから生きててよ」って。軽い調子で。このひと言は、まるでカビのように負の感情が繁殖していた私の心をパンパン!と払ってくれました。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

その言葉をもらって以来、徐々に前向きになれたそうです。

【まとめ】 

「人生ずっと順調に過ごしてきただろう」と思えるようなどんな今キラキラ輝いている人でも、人はみな過去には辛い思いもされているのですね。
「鬱病」が多いこの時代、真矢ミキさんの告白は多くの人に希望を与えてくれる勇気ある行動だと思います。
やっぱり、真矢ミキさん素敵ですね!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう